かわいい姿に隠れた素顔が!

飼っている方はおわかりだと思うのですが、ハリネズミは見ていて飽きない、とてもかわいらしい動物です。しかし、野生としての生態は、かわいいだけではない、意外にたくましい姿もあるんです!

基本的に、単独で生活する動物です。何匹かで行動するのは、繁殖時に交尾するとき、子育てをしているときぐらい。あとはほとんど1匹で行動します。

夜行性で、最も活発なのは午後9時から0時。活動時間のほとんどは、食べ物を探すことに費やします。驚くのは、獲物をつかまえるときなど、必要に迫られたら毎秒1.8mの速さで移動することもあるのだそうです。普段のおっとりした様子からは想像できませんよね。そして、1晩にだいたい3~5km歩き回るのだそうです。けっこうタフですね~。

主に昆虫、ミミズ、カタツムリ、なめくじなどの無脊椎動物を食べます。他にも、カエル、トカゲ、ヘビ、鳥の卵や雛、果物、種子、菌類なども食べるそうですが、1晩で体重の3分の1にあたる量を摂取するそうです。

寿命はだいたい6~10年といわれていますが、野生だともっと短いようです。ペットとして飼うなら快適な環境を用意して、なるべく長生きさせてあげたいですね。

鳴き声はあるのか?

鳴かないと思われがちですが、意外にいろんな声を出したり、鼻をならしたりします。警戒しているとき、不快なときなどは「フッフッ」と短いピッチで鳴き声をあげます。また丸まりながら「シューシュー」という音を出すこともあります。

わが家のハリーは、機嫌が良いときは「クックッ」とか、「コッコッ」などの鳴き声を出している気がします。これは調べてみると、求愛行動や母親が子どもを呼ぶときに出す声のようですね。

ということは、ハリーはもしかすると私のことを子どもだと思っているのかも?(笑)。